A Farewell to Arms

時が経つのは速い。ついサッキまで一月だったのに、ちょっと居眠りしたら目を覚めてもう夏がやってきていた。ラッシュの如く、今年の前半が過ぎてしまった。そして私は、相も変わらズボンの町に住み,相も変わらず貧乏暇なしで、相も変わらず親と兄弟とおじさんと家族喧嘩が続いている。でも、本当に本当に、私の所為じゃない。かと言えば、彼らの所為でもない。どちらかというと、ニンゲン条件が悪くて、正に「金」がこの家族を今の状況に追い込んでしまった。

はい、金だ。全て金が悪い。私は、子供から夢があったんだ。「大きくなったら、百万長者になるぞ」と、私はある心を決めた。4歳の時だったかな?それを皆に知らせたら、皆が笑って、「どうせ、そんなのできないんだ」と言った。でも、多分私のお父さんが思った。「この子は特別だ。彼の夢がかなうまで、長い時間、多くのコネ、凄い知識と自分への厳しさが必要だろう。

Does anybody here remember Vera Lynn? I see her face in front of me, as if it was only yesterday…

昨日は、日曜日だった。2022年、7月3日吉日。昨日は、ブログを更新しようと心に決めた。久しぶりに、世界各国の全てのの人々に向かって、声をあげて、文書を書いて、自分の黒井原(あら、字はチョット違うけど!)に眠っている竜の息を吐きだしたくて文書を書き始めた。でも、昨日はかなり大変な一日だったので、夜も遅かったから、結局電気を消して、古びてきたないソファで横になって、三も数えないうちに深い眠りに就いてしまった。夢は?夢は覚えていない。でも、四時半に目が覚めたら、これはこれはと思った記憶はある。あまりにも変な夢で、外はまだ暗くて寂しかったので、私は思った。「こんなところで、用がない。俺、左様ならするぜ」、と。そして、また夢の世に出発した。銀河の鉄道に乗り、不思議のアリスと優雅な高原でお茶をし、時計が7時半を指すとこの世に戻りて、「さぁ、これは楽しい旅だったが、今は仕事!」と思い、PCに向かった。

今の年月日時間は2022年、7月4日1102時CEST。壁の向こうで、戦争が激しくて、遥かなる小さな国で、名もない哀れな人々がまともな理由もなく互いを殺し合っている。武器を生産する大企業のCEOと株主が、海の向こうでバカ儲けしており、バブルジュースを飲みながら笑って乾杯する。この世の中は、ほんとに嫌なところだね。あまりにも嫌になったので、いつも眠ったり、酒を飲んだり、タイマを使っているだけ。

ザ・タイマーズを覚えている奴は、まだいるだろうか?このアルバム・プロジェクトをヨハネ兄さんが紹介してくれた。忌野清志郎のプロジェクトだったが、彼が亡くなられたことを今でも戒めている。こんな時は、「戒める」って言葉使うか?とにかく、彼がもうこの世にいないことを、悲しく思う、という意味でこの言葉を使っている。まぁ、仕方ない。お墓の碑の向こうからは、清志郎の声がまだ響いている。

なんといえば、君に伝えるだろうか?この俺の気持ち?お前が、俺の全てだったぜ。なんで、あんなに早く、俺を一人でこの世に残されてしまったかな?あの頃はあの頃で、今は今だけど、今でもお前の記憶が、私の心の壁の奥に刻まれている。記憶だけは、残される。仕方ない。これを書いていると同時に、数メートル離れている家で、お母さんが一人で幸せに暮らして、自分だけの世界に暮らしている。家の外に出て、お母さんに訪問をしようかな?いや、その前にこの文書をインターネットにアップロードして、アップロードが無事に実行されたかどうかを確かめて、このブログからログオフして一服しよう。人生は短いからこそ、一歩一歩を注意深く歩み、自分に丁寧に周りの人々に丁寧に、そして世間と大自然に尊敬の気持ちを忘れずに、活きるのは一番。

これは、私の今日の教えだ。これを学ぶのに、53年間と少しがかかった。途中で書いた本の多くは、未発表だけど、いつか、どこかで、きっと出版される。その日までは、このブログで我慢してください。また会う日まで。

A friend in need is a friend that bleeds… Hey Bruuu, you know I bleed for you!

Autor: Thomas

Geboren im Frühjahr 1969, vermutlich als Teil des Manjurian Program jahrelang darauf trainiert, die USA im Ernstfall zu verteidigen. Bei einem Aufenthalt in Japan sensibilisiert worden für amerikanische, russische und japanische Kriegsverbrechen, jahrelang als "Ronin Warrior" zwischen Ost und West unterwegs. Super Soldier. Kriegsheld. Iron Man.

Ein Gedanke zu „A Farewell to Arms“

  1. Hallo zusammen, Jungs! Ich wеiß, meіnе Botschaft іst vіellеіcht zu ѕрezіfіsсh,
    Aber meіne Sсhwеster hаt hіer еinen nеttеn Мann gefundеn und sіе hаbеn gehеіratet, аlѕo wіe wärе eѕ mіt mir?ǃ 🙂
    Ich bin 26 Jahrе аlt, Маrgаritа, auѕ Rumänien, іch bеhеrrѕche аuсh Εnglisch und Deutѕch
    Und… ісh hаbе еіnе bestimmte Кrаnkheіt nаmens Nуmphоmаnіе. Wеr weіß, wаs daѕ ist, kann mісh vеrѕtеhen (beѕѕеr glеich ѕаgen)
    Ah ϳа, iсh kосhe sehr lecker! und іch liеbe niсht nur kоchеn ;))
    Ιсh bin еіn eсhteѕ Мädсhеn, keіne Рrоstituіеrte und auf dеr Suсhe naсh еinеr ernsthaften und heißen Βezіеhung …
    Wie auсh immer, mein Рrofil findest du hiеr: http://nonhandlyngly.tk/user-63662/

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht.

Diese Website verwendet Akismet, um Spam zu reduzieren. Erfahre mehr darüber, wie deine Kommentardaten verarbeitet werden.