美人は頭脳から

日曜日の朝、Leonard Cohenのアルバムを聴きながらブログをするってのは、悪いことではない。考えてみれば、私の今の人生は、とても平和だ。と同時に、何かが根本的に変わろうとしている。それは、大きい不安の原因。

「俺の人生は、どこから始まり、いったいどこで終わってしまうんだろう?」そう自問したのは、私の先生長渕剛。自分が、本当にスターになりかけていると、不安にもなる。「都会では、だれもが匿名希望者。この俺も、誰かに化けたがる。」そううたったのは、もう一人の大きい先生、泉谷しげる。今は亡き忌野清志郎先生も、多く教えてくれた。日本のロックこそ、私の考え方に影響を与えて、日本のロックスターこそ、私の先生。

昨日化おととい、私はBonnの町で聞かれた。「Du Nutte」は、日本語でどういうか、と。聞いたのは、あると若い男性で、私は彼に教えた。「女性の前で、Nutteなんて言葉は使わないんだ。礼儀正しく、尊敬の心を持って、付き合うんだ。どうせ話しかけるなら、『あんた、美人だね』と言ってくれ。」

だって、本当に「女」に、男として常に感謝の気持ちで付き合うべきだと思う。私を産んでくれた母から、あこがれていたクラスメイトから、私をほぼ無視した大学の同年性から、今はホットのメッセージを書いてくれるDating Platformの女性メンバーまで、もう私と話したくない元妻まで、そして私を支えてくれる「超特別なあの人」まで、「女」は私を作ってくれた。「女」は、私を「男」にしてくれた。そして、男だろうが、女だろうが、我々は皆、結局「人間」だ。

「人間になりてぇ。」それは、長渕剛の願いだった。1996年だったかな、Captain of the Shipってアルバムが出た年。そのアルバムを聞いて、私は感じた。私の言語行動は、この世に影響がある、って感じた。村上春樹の小説がドイツ語に翻訳され、ドイツ市場で人気を集めたら、私は知った。自分の声が、自分の文書が、自分のアイディアが、この世を変えることができる。それは、確かに1996年の出来事。

考えてみれば、信じがたい。「長い、長い上り坂」を登ってきて、今はTop of the Worldに立ち、上からこの世を見下ろしている気分だ。それと同時に、社会の下っ腹に座って、蟻のように毎日コツコツと社会を動かしている人間を観察して、その人間と接して話して一緒にビールを飲んで一緒に飯を食って、「人間」や「社会」を毎日、よりよく理解しようとしている。

私の目的は、明らかだ。「ドイツの王様」になりたい。自分の頭の中では、もう「王様」である。自分の頭の中では、もうその責任を感じて、その大事な役割の重さを感じている。ラッキーなことに、その重荷を一人に担うのではなく、周りの人々は私に力を貸して、私と一緒にその仕事をこなしている。

ちなみに、初めて「ドイツの王様」って考えが私の頭に現れたのは、1998年の出来事だ。「僕は、実はドイツの王様だ」って言ったのは、Bonnの精神病院の他の患者。彼の妄想こそ、私の運命になるなんて、その当時は思いもしなかった。人生は、妙な回り道をするものだね。

まあ、何はともあれ。今日は日曜日だ、9月も終わりに近づいている。10月は、どうなるだろうか?病院では、「そろそろ、退院しなさい」と言っているが、私はもう一人で暮らしたくない。おそらく、援助や同情に頼りながら、これからの人生を生きてゆく運命である。おそらく、「普通の人生」からあまりにも遠く離れて行ってしまい、これから一生、「特別扱い」される羽目になっているだろう。「王様」だろうか、「患者」だろうが、「天才」だろうが、結局どうでもいい。私は、この運命をピックアップして、この運命をアクセプトするしかない。

で、この記事のタイトルは?「美人は頭脳から生まれてくるのさ」というのは、泉谷しげる先生の歌の歌詞。「女」は、Nutteと呼ばれていても、それでもLadyであるケースが多い。そして、自分の経験から話すと、Penner様達とNutte様達が、私の人生に大きい役割を果たした。勿論、Nintendoの同僚と上司も、多くを教えてくれた。

今日は、9月26日、日曜日。私の胸は、感謝の気持ちでいっぱい。本当は、いい人生だ。神様に、周りの人間に、故郷Bonnに、そして世界各国の美人に、感謝するしかない。

Autor: Thomas

Geboren im Frühjahr 1969, vermutlich als Teil des Manjurian Program jahrelang darauf trainiert, die USA im Ernstfall zu verteidigen. Bei einem Aufenthalt in Japan sensibilisiert worden für amerikanische, russische und japanische Kriegsverbrechen, jahrelang als "Ronin Warrior" zwischen Ost und West unterwegs. Super Soldier. Kriegsheld. Iron Man.

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht.

Diese Website verwendet Akismet, um Spam zu reduzieren. Erfahre mehr darüber, wie deine Kommentardaten verarbeitet werden.