卒業

尾崎豊のこと、覚えている?すごい上手に歌い、ファンの多いシンガーで、かなり若い都市で死んだんだ。あれは90年代のことで、昭和時代の思い出。彼のアルバム、一つだけ「買え」と勧められて買った覚えがある。そのアルバムはベスト・オブで、もちろん「卒業」という歌も入っていた。

歌詞のほとんど忘れたけど、覚えている部分もある。「後何度、自分自身卒業すれば、本当の自分にたどり着けるだろう?」その質問は、今自分に問いかけているわけだ。7月9日、私は「ドランスドル夫人」の人生を卒業したみたいだ。あの日、私はただ団に、故郷から逃げたかったわけだ。あの雰囲気は狭くて堅苦しくて、人は私をじろじろ見ていて、正直は「私は嫌われる」と思った。あの狭いBonnの郊外から出て、ほかのところに行きたかった。EndenichやDuisdorfやケルンやデュッセルドルフやRheinbachやSolingen,HamburgだろうがNew Yorkだろうが、とにかく故郷を捨てたかった。その夜、警察に逮捕されて、救急車で精神病院に運ばれて、社会に「まずは、お前は不自由だ」と言われた。

初めは、かなり辛かった。だって、「一番大事なもの、それは俺の自由」と、RC Successionが歌ったように、私もそう思いたい。でも、自由って、いったい何だ?それは、何かをするかしないかを自由に決められること。そして、本当の自由は、その行動か非行動がもたらす結果を我慢する責任をもたらす。と、私はそう思う。

昔々、あるところで、私は「行動しろ」と言われたことがある。そう言っていたのは、とても不思議な、同じ病院に患者としていたオヤジで、「彼のことを、信用しないんだ」とお父さんに言われたものの、しばらく考えた後は、彼の言うとおりにした。それは、私の最後の始まりだった。というか、それは私の運命だったかもしれないが、運命的な出会いから、私の人生の旅が迷路に入った。

「急がば回れ」、と日本語で言うけど、私はカンナリ長い回り道に入った。まずは、おやじに言われたとおり、イスラエルの大臣とコンタクトを取ろうとした。手紙を書いたけど、返事は来ない。また手紙を書いたら、再び返事が来ない。電話するべきだったかもしれないけど、私はその十時電話苦手だったので、もっと手紙を書いた。いろんな国のリーダーに手紙を出して、いろんな国のリーダーから返事は来なかった。

でも、「髪の毛一本でも、その陰はある」とラテン語のことわざがある。私の手紙はよ前れて、大きいマシンを動かされた。世界外交マシン。私は、それを感じて、でも周りの人にそれを話そうとしたら、「はいはい、もちろん。いいこだね。」と馬鹿にされた。そして、私の計画は、少しずつ形を取った。

でも、妻はいつも言っていた。「あなたの手紙は、危ない。もう、手紙をよしてください」、と。彼女の言う通りだった。

かれこれ26年間、「気が狂っている」との珍談を受けて、精神病院で治療を受けて、悟りを開いた。「気が狂っている」のは、私ではなく、世界なのだ。この世の中の人、みんなクレイジー。一番上に立っているものは、一番クレイジーだ。Elon Muskだろうが、Mark Zuckerbergだろうが、Richard Bransonだろうが、George Sorosだろうが、皆気が狂っている。そしてドイツは、まだナチスが支配している。民主杉を建前にして、陰で政治を操るものは、戦争で大金儲けした奴らの子孫。考えてみれば、反吐が出る。アメリカだろうが、フランスだろうが、イタリアだろうが、Money makes the world go round。もちろん、日本も含めて、韓国も含めて、中国も含めて、資本主義資本フューダリズムになっちまった。そして私は、腹が立っちまった。冷戦時代に生まれ育った私は、バブルがはじけた昭和時代末、新宿駅で寝ているホームレス・サラリーマンを見て、「これ、間違っている」と思った。

世の中は、金がすべてだ。神の価値は、失われた。それは、行かん。私は、自分の金をすべて失ってから、本当に大事なレッスンを学んだ。Love, Respect and Harmonyは大事な通貨だ。Love, Respect and Harmonyで、金がなくてもいい思い出を作られる。でももちろん、普段はそれで物は買えない。でも、私は思う。Love, Respect and Harmonyは、金に換えられる。だから、その三つは、21世紀の通貨になると思う。

より多くの人が、それを判れば、What a wonderful world this would be。

Autor: Thomas

Geboren im Frühjahr 1969, vermutlich als Teil des Manjurian Program jahrelang darauf trainiert, die USA im Ernstfall zu verteidigen. Bei einem Aufenthalt in Japan sensibilisiert worden für amerikanische, russische und japanische Kriegsverbrechen, jahrelang als "Ronin Warrior" zwischen Ost und West unterwegs. Super Soldier. Kriegsheld. Iron Man.

Schreibe einen Kommentar

Deine E-Mail-Adresse wird nicht veröffentlicht.

Diese Website verwendet Akismet, um Spam zu reduzieren. Erfahre mehr darüber, wie deine Kommentardaten verarbeitet werden.